いつも手軽に実践できる呼吸を使ったダイエット方法によって、

だれでもウエストをダイエットすることが可能です。

 

食事を減らしたとしても、

なんとなく下腹のあたりがポッコリしていたりと、

きれいに痩せるのは難しいものです。

 

下腹がポッコリしてしまうのは、

便秘などの他にも、

インナーマッスルが不足しているからという理由もあります。

 

インナーマッスルは体内の内臓を支えているので、

筋力が下がることで、だんだんと内臓が下がってしまって、

下腹の出っ張りにつながっているのです。

 

ヨガや瞑想で使われる腹式呼吸法によって、

ウエストをスッキリさせることができます。

 

お腹を意識しながら、

大きく息を吸ってから吐き出すという腹式呼吸は、

インナーマッスルを鍛えて、ウエストのダイエットにもつながります。

 

大きくゆっくり呼吸することで、自立神経が整えられて、

いつもよりも深い眠りになるので、健康づくりにも役立ちます。

 

慣れてきたら、

息を吐いた状態や吸い込んだ状態で息を止めて、

ぐっとお腹に力を入れることで、

インナーマッスルが鍛えられます。

 

ダイエットにしては簡単な運動ですが、

しっかり疲れるほどの確実なダイエット効果があります。

 

体に負担のかかる方法や精神的につらいダイエット方法は

成功しにくくなりますが、

呼吸法を使ったダイエットは継続が簡単です。

 

過激な運動や食事制限は急激に痩せても継続ができないので、

いつの間にか元通りということになってしまいます。

 

ウエストのダイエットをしようとしている人は、

ぜひとも呼吸法を取り入れたインナーマッスルのトレーニングを

してみてはいかがでしょうか。