もしもダイエットをするつもりなら、

どんな食事にすることで、

体重が減らしやすくなるでしょう。

 

食事を減らせばその場では体重を減らすことは可能ですが、

減った体重を戻すための反動は大きく、

リバウンドのリスクが高まります。

 

身体に負荷がかからないようにダイエットをしたいなら、

まず、食事内容を見直すところから始めましょう。

 

まず朝食は抜かずに、しっかり食べることで

体温が上がり、エネルギーが消費しやすくなります。

 

体脂肪をスムーズに燃やすためには、

体温を上げて代謝を良くし、

体の中でエネルギーを作る循環キープすることです。

 

朝ご飯では炭水化物をしっかり摂って、

その日一日の活動に必要なエネルギーが

生み出しやすい身体状態になっておきましょう。

 

昼食は、消化酵素が体の中で盛んに機能していますので、

多少カロリーが多くても、食事はしっかりとることです。

 

お昼に満腹感のある食事をしておくことで、

夕食のカロリーオーバーを防げます。

 

夕ご飯の後は活動量が下がるので、

それほどたくさん食べることはありません。

 

夕食に関しては、

魚や大豆などのたんぱく質や

野菜といった食物繊維を多く摂るようにしましょう。

 

ダイエットのためにも、

夕ご飯の後で甘いデザートなどは食べないようにしましょう。

 

ダイエットを成功させるためには、

食事は低カロリーで栄養の偏りがないものにして、

身体をつくっていくようにしましょう。