女性であれば、

激やせして細くスレンダーなボディになることに

憧れているかもしれません。

 

体が引き締まり、手足が細い人なら、

大抵の服は映えますし、

よりきれいに見えると思われがちです。

 

いくら体重を減らしたいといっても、

健康維持が難しくなるほどのダイエットをしては、

体にとってはいいことはありません。

 

自分の体重の5%が、

1カ月に痩せても体に負担がかからない、

ちょうどいいダイエットのペースといえます。

 

体重の5%と聞くとかなり少ないように思うかもしれませんが、

急激なダイエットは身体の防衛本能を刺激、

ダイエットを難しくします。

 

身体に負担が大きいと体調を崩してしまい、

せっかく取り組んだダイエットが終わってしまいかねません。

 

激やせに憧れるかもしれませんが、

実は危険なダイエットなのです。

 

激やせは、

外見の印象を大きく変えることができますが、

急激な減量は反動によるリバウンドの原因にもなるので

注意が必要です。

 

あっという間に激やせをしたという経験がある人は、

それほど多くありません。

 

痩せるために始めたダイエットなのに、

身体に疲労が強くなり、

太りやすくなってしまうことも、珍しくはありません。

 

激やせによって体重を落としてしまうと同時に、

その体型をどうすれば保持できるかを考えるといいでしょう。

 

ダイエットを成功させるには、

激やせよりも時間を費やして

コツコツと実践していく方法のほうが、適しています。