ダイエットに成功すれば、

プロポーションが良くなって、

自動的に小顔になれると考えている人がいます。

 

ダイエットがスムーズにいけば、

体重を落とすことが可能です。

 

とはいえ、目標どおりの体重になれたとしても、

小顔になれる保証はありません。

 

頬や顎にあった皮下脂肪がダイエットで燃焼されれば、

その分は痩せて見える可能性はあります。

 

しかし小顔になったかというと、

そうでもありません。

 

ダイエットを成功させ、かつ小顔になりたい場合は、

フェイスマッサージや、シェイスリフト効果のあるケア

をすることが大事です。

 

ダイエットによって顔面の皮下脂肪が少なくなったら、

皮膚のたるみが目立つようになる人もいます。

 

どんなダイエットをするかで、

顔の状態も変化します。

 

小顔を目指すなら、

毎日の表情筋エクササイズがいいとされています。

 

顔面を覆う表情筋をトレーニングで強化することによって、

皮膚がたるんだ状態にならないようにします。

 

表情筋を鍛えることで、小顔効果があるだけではなく、

たるみの改善やほうれい線の改善になるのです。

 

最近は、小顔ケア専用のマスクや、

マウスピース等の商品も販売されていますので、

それらを用いて小顔ダイエットに取り組みましょう。