お腹や手足の皮下脂肪は、

ウォーキングやジョギングといった

運動によるダイエットで減らすことが可能です。

 

積極的に体を動かすダイエットは、

小顔になれる方法ではありません。

 

つまり皮下脂肪で膨らんだ顔を小さくするためには、

顔に特化したダイエットが必要ということです。

 

舌を大きく動かし、頬の筋肉を使うことが、

小顔ダイエットの方法になります。

 

頬は、口を縦方向や横方向に開いたり閉じたりすることで動かします。

 

舌は、口を閉じたままにして、

下の歯を右から左へ、上の歯を左から右へ

順番に舐めることでエクササイズ効果が得られます。

 

顔の運動によって頬と舌の筋肉を使っていれば、

皮下脂肪の燃焼が促されて、

徐々にフェイスラインのすっきりとした小顔になっていくのです。

 

顔がむくんでぱんぱんなりやすい人は、

顔に不要な水分が留まっていますので、

耳裏から顎のラインを指圧しましょう。

 

顔は蓄積した老廃物によっても膨らんでしまう為、

撫で上げることで溜まった老廃物を押し流せば、

その分フェイスラインは引き締まっていくのです。

 

小顔になれるというダイエットを実践することで、

顔つきも引き締まって、

目元や口元が際立つようになります。

 

顔の面積が小さくなる分、

目が大きく見えるようになりますし、

頬のたるみが少なくなる分、

口を開いた時にシワが生じにくくなります。

 

ただ体重を減らすのではなく、

きれいな外見になりたいという人は、

小顔ダイエットに取り組むといいでしょう。